記事一覧

PG 1/60 ユニコーンガンダム3号機 フェネクスのご紹介前半!

機動戦士ガンダムUC MSVより


PG 1/60 ガンダムユニコーン3号機 フェネクスの素組みのご紹介です!


こちらはプレミアムバンダイ限定品です!


フェネクスは人気がある機体だと思っていましたが、まさかのPG化で驚きました!


PGは置き場所が無いので買っていなかったのですが、コレはゴールドメッキとブルーのサイコフレームの発光が綺麗なので、即決しました!


写真が多くなったので、前半と後半に分けてのご紹介となります!


まずはパッケージ↓


20170307223235f01.jpg
20170307223237e33.jpg
2017030722323823d.jpg
201703072232382e2.jpg
20170307223241f61.jpg


しっかりとしたカラーのパッケージで、持ち手も付いています。


201703072232418f5.jpg


輸送箱はシンプルなダンボールでした。


説明書↓


20170307223242c1c.jpg


専用の冊子タイプの説明書でフェネクスの機体説明などもしっかりと書かれた物でした。


ランナー↓


201703072233011a5.jpg
20170307223256a88.jpg
2017030722325145a.jpg
20170307223253c55.jpg
20170307223253636.jpg
20170307223258102.jpg
20170307223255160.jpg
2017030722324821d.jpg
2017030722324673e.jpg
201703072232495ef.jpg
20170307223301e20.jpg
2017030722330369e.jpg
201703072232466f3.jpg


流石にすごい量のランナーです!


作るだけでもかなりの時間かかってしまいましたが、作りごたえがあり、各部分が完成した時の満足感はなかなかです!


アンダーゲートも多用されているのでメッキの部分では嬉しい仕様ですが、そのぶんカットに手間がかかります!


シール↓


20170307223339122.jpg


こちらはホイルシールで、やはり大きいキットなので色分けがしっかりとされているのでシールは少なめです。


シルバーのシールは粘着部分がブルーになっていて、サイコフレームに貼る物です。


20170307223339516.jpg


こちらは水転写デカールですが、貼ったらかなりカッコ良さそうですが、今回は貼りませんでした…


変形時に剥がしてしまいそうですし、しっかりと貼ろうとマークセッターを使うとメッキを溶かしてしまいそうなので…


別売りのPGユニコーン用LEDユニット↓


20170307223341d97.jpg
20170307223341bf5.jpg


これがあるのと無いのとでは大違いなのでゲット出来て良かったです!


こちらは一般販売もされている物ですが、再販時にもすぐに完売の店が多いアイテムです。


20170307223342a00.jpg


別売りの単三電池4本を使って、頭部・胴体・腰・腕・足・バックパックのサイコフレームを発光させる事が可能になります!


余剰↓


20170307223344ed3.jpg
201703072233451a6.jpg


今回はLEDユニットを取り付けたので、目の部分のシールは貼りませんでした。


余剰の1/60バナージと1/100バナージと↓


20170307223347c6a.jpg


一応並べてみましたが、大きいだけあり造形が良いと思います。


付属の道具↓


20170307223348918.jpg


左が、PGユニコーンガンダムのランナーO-18で、ユニコーンモードからデストロイモード変形時に肩のセンサーを起こすために使う物です。右はLEDユニット付属のパーツセパレーターですが、LEDの配線を取り付ける時に使用します。


コックピット↓


2017030722335048d.jpg
201703072233528c9.jpg
20170307223353f8f.jpg


1/100と同じようにコックピットのパイロットも付属しています!


配線↓


20170307223355e37.jpg
201703072233572ac.jpg


結構細いコードを押し込んで取り付けたりしたので断線してないか心配になりました。


手軽に外せるようには思えないので、ちゃんとLEDや接続部の向きなど確認しつつ取り付ける必要があります。


ではユニコーンモードでぐるりと↓


20170307223358958.jpg
20170307223400037.jpg
20170307223400eb0.jpg
201703072234020c6.jpg
201703072234049da.jpg
201703072234050fe.jpg
20170307223445aea.jpg


写真では解りづらいですが、そこそこ重たく、ユニコーンモードでも迫力のボリュームです!


造形も流石にしっかりとしているので見た目も良いです!


各パーツがしっかりとしているので、結構はめ込みが硬い部分もありました。


パーツの取り付けも複雑だったりするので全体的な難易度は高めだと思います。


少しアップで↓


2017030722344607f.jpg
20170307223449f0b.jpg
2017030722345040b.jpg
2017030722345195c.jpg


メッキな事もあり重厚感があります!


メッキの撮影で苦労するのが、埃と指紋と映り込みで、綿手袋を付けての組み立て作業など結構気を使いました(;´Д`A


ゲート跡↓


20170307223452851.jpg


基本的に各パーツはアンダーゲートが使われている物が多いですが、肩など一部目立つ部分にゲート跡が出てしまいます。


イエローのランナーにメッキが使われているので、MGフェネクスのホワイトのゲート跡に比べれば、まだマシになっています!


20170307223452ca6.jpg


指はランナーから切り離すだけで各関節が可動出来るタイプで、手のひらに武器を固定するためのダボがあります!


付属品↓


201703072234536dd.jpg


ビーム・マグナム、予備マガジン、ハイパー・バズーカ、シールド保持用パーツx2、ビーム刃x2が付属!


他、ビーム・サーベル4本は取り付け済み。


201703072234550db.jpg


ビーム・マグナムはフォアグリップがスイング可動。


マガジンを取り外し、1発づつ取り外す事も可能!


201703072234564c8.jpg
20170307223459029.jpg


アームド・アーマーDEを取り付けなければバックパックにマウント可能。


201703072234591c3.jpg
201703072235019a0.jpg


フォアグリップのスイング可動や砲身の伸縮、弾倉の取り外しが可能です!


20170307223502071.jpg
201703072235052b8.jpg


ビーム・マグナム同様にバックパックにマウント可能!


201703072235051c3.jpg


マガジン、弾倉共に腰リアアーマーにマウント可能です!


2017030722350878f.jpg


ビームサーベルのマウントはもちろんしっかりと再現されています!


HG 1/144と、MG 1/100と↓


20170307223509d17.jpg
20170307223510b14.jpg
20170307223511526.jpg
20170307223540db7.jpg
20170307223541d6e.jpg


HGで普段は満足していますが、PGと並べるとHGの存在感が薄く感じてしまいますw


色はHG、MGと比べるとPGは濃い目のゴールドになっています!


2017030722354388c.jpg


電池は台座のカバーを外して、セットします。


201703072235443bc.jpg


右の四角いスイッチがON、OFFの切り替えで、丸いボタンが発光の切り替えボタン。


丸いボタンを押すたびに、頭部の白色発光、全体の青色発光、青色発光が消えたのち頭部の発光が消える、を切り替え出来ます!


5分放置すると発光が消え、待機モードになります。


丸ボタンを押したまま四角いスイッチをONにすると、連続で発光を繰り返します!


20170307223547ad2.jpg


スタンドの支柱は伸縮が出来ますが、デストロイモードの大きさに合わせてあるだけなので、浮かした状態でのディスプレイには向かないのかなと思います!


ベースの電池から支柱を通って背中にコードが繋がっていて、コードも細いので破損が怖く、手軽に外せないのが難点です。


20170307223546395.jpg
201703072235493fa.jpg


スタンドにはビーム・マグナムとハイパー・バズーカを設置する事も可能です!


201703072235503b5.jpg


この状態で飾る事は無いと思いますが、シールドも設置出来ます。


では頭部の発光↓


20170307223552001.jpg


白色発光ですが、バイザーのイエローのクリアーパーツで綺麗に発光しています!


薄暗くして全体の発光↓


2017030722355807d.jpg
201703072235543c9.jpg
20170307223555bd1.jpg
20170307223558811.jpg


隙間から漏れる光がユニコーンモードでもしっかりと発光しているので、デストロイモードとは違った良さがあります!


暗くして↓


2017030722360196d.jpg
201703072236001a2.jpg


写真では肉眼とは違ってしまい残念ですが、青の発光は鮮やかで綺麗です♪( ´▽`)


少しポーズ↓


20170307223602b6b.jpg
2017030722360424d.jpg
2017030722360607a.jpg
201703072236089e8.jpg
20170307223609859.jpg
20170307223628026.jpg
201703072236298cc.jpg


配線もありダイナックに動かすのは、ためらってしまいますが、可動範囲は軽めのポーズさせるには充分だとは思います。


ただ、このPGは素立ちが1番存在感と言いますか迫力を感じると思います。


通常のシールドで↓


2017030722363059b.jpg
201703072236325b2.jpg


こちらで飾る事は無さそうですが一応。


アームドアーマーを腕に装着↓


201703072236333e7.jpg


保持自体が難しいのでこちらでも飾らないでしょうね…


以上、PG 1/60 ガンダムユニコーン3号機 フェネクスの素組みのご紹介前半でした!


後半に続きます!







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シマーモ

Author:シマーモ
ガンプラが大好きでたまりません!
ブログはマイペースで更新中!
過去に手に入れた物等を紹介していくのでタイムリーではありません(;´Д`A
リンクフリーでございます。

プレミアム バンダイ

予約

プレミアム バンダイ

予約

Amazon予約・新商品

Amazon 予約・新商品